Top >  変額年金保険とは >  変額年金保険のメリットとデメリットについて

変額年金保険のメリットとデメリットについて

公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増え、
1999年には初めて、変額個人年金保険も発売されました。

変額個人年金保険に加入するメリットとデメリットとしては
具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか?

変額個人年金保険の特徴としては、単なる保険ではなく、
預け入れた保険料が運用され、その結果が反映されるため、投資的な要素もある保険といえます。

変額個人年金保険は、
加入時に支払われる年金の金額が決まっている個人年金保険とは違い、
支払った保険料を保険会社が株をはじめとする投資で運用します、
この運用の結果がよれば、支払われる年金は多くなるというメリットがあります。

変額個人年金保険は、保険会社によってさまざまですが、
保険の掛け金を運用する投資対象を、保険契約者が選べるプランもあります、
株式や債券などに詳しい人であれば、
自分で見通しが明るいと思われる投資対象を選ぶことができます。

逆に、運用の結果がよくなければ、支払われる年金額も少なくなり、
支払った保険料よりも受け取る年金が少なくなるというデメリットもあります。

株や債権などは運用先や社会情勢によっては、暴落してしまう可能性もあります、
そういった場合に、支払った保険料がかなり減ってしまうということになります、
年金が増えるというメリットとともに、
場合によってはかなり減ってしまうというリスクもあるということを忘れないようにしましょう。

また、変額個人年金の支払い保険料は生命保険料控除の対象となり、
個人年金保険控除の対象とはなら生活ないため、
所得税の控除金額が少ないというデメリットもあります。




その他の情報

年金保険にはどんな種類があるの?
年金保険には、大きく分けて、公的年金保険と、
会社や団体などが任意で加入する私的年金保険、個人が任意で加入する個人年金保険があります。

国民年金保険と個人年金保険の違いとは?
国民年金保険は、公的年金です、
国民年金保険は、日本の政府が国の社会保障制度として、運営しています。

厚生年金保険と個人年金保険の違いとは?
厚生年金保険と個人年金保険の大きな違いは、
厚生年金保険が国民年金保険同様に公的年金であり、
個人年金保険は、個人が任意で加入する年金保険であるという点です。

個人年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増えています。

さまざまな年金保険を比較するには?
公的年金は受け取る年金額を自分でコントロールすることはできません、
そのため、将来受け取ることができる年金額がわからず、
老後の生活設計が立てにくいという不安があります。

年金保険と老後の関係を知ろう
高齢化社会と少子化が進んでいる現在、自分が老後に受け取ることができる
公的年金に不安を感じている人も大変多くなっています。

年金保険と資金運用の関係をしろう
公的年金への不安もあり、
現在ある資金や資産を運用して老後に備えようと考える人も少なくありません。

年金保険と税金の関係、年金保険には税金がかかるの?
年金保険に加入した場合、税金はどうなるのでしょうか?
せっかく年金保険を受け取っても税金がかかってしまうのでしょうか?

終身年金保険とはどのようなもの?
保険会社によって、さまざまなタイプの終身年金保険プランがあります、
終身年金保険とは具体的にどのようなものなのでしょうか?


変額年金保険とは

変額年金保険について知ろう!メリットとデメリットを知ることで見えてくる!

関連エントリー

変額年金保険のメリットとデメリットについて