Top >  年金保険比較 >  さまざまな年金保険を比較するには?

さまざまな年金保険を比較するには?

公的年金は受け取る年金額を自分でコントロールすることはできません、
そのため、将来受け取ることができる年金額がわからず、
老後の生活設計が立てにくいという不安があります。


個人年金保険は、自分で受け取る金額を決めたり、受け取る期間を決めたりすることができます。

それでは、個人年金保険はどのように比較すればいいのでしょうか?
個人年金保険を比較するには、まず、自分がどのような個人年金保険に興味があるのか、
加入したいのかを明確にする必要があります。

個人で加入する年金保険は、年金を一生涯受け取ることができるもの、
加入時に定めた一定期間年金を受け取ることができるもの、
年金の保険料を株や債券に投資して運用し、運用利益によって、
受け取る年金額が増額されるものなど、多数の年金保険があります。

個人年金保険に加入する際には、
たとえば、確実に年金が受け取れるという点を重視するのか、
多少のリスクはあっても受け取る年金が増える可能性があるという点を重視するのかによって、
選択する個人年金保険が大きく変わってきます。

また、年金を受け取る年齢を定めて、
それまでの期間保険料を支払う積み立てタイプの年金保険と、
保険料を一括して支払う年金保険もあります。

どういった形で個人年金の保険料を支払うかによっても、
選択する個人年金保険が大きく変わってきます。

ある程度、自分が希望する個人年金保険の条件が定まっているなら、
年金保険の比較サイトなどを利用して、保険会社の資料を請求し、
それらを比較してみることをおすすめします。

個人年金保険を比較する際には、パンフレットなどで年金保険の特徴やリスクなどをよく読み、
理解することが大切です、そして、
どのような特約を付加できるのかといったことも大きなポイントになります。

特に老後に受けられる補償になりますから、ほかの保険などの加入状態によっては、
受け取る年金に加えて、特約による保障も重視する必要がある場合もあります。

各社のパンフレットを比較して、興味のある個人年金保険が見つかった場合には、
保険会社の公式ホームページを見てみたり、オペレーターに問い合わせたり、
窓口で直接説明を受けるなどして、
その個人年金保険が自分の求めているものなのかどうか、検討してみましょう。

他の保険と同様に、個人年金保険も十分比較検討し、時間をかけて選ぶことが大切といえます。




その他年金保険,比較,個人,プラン,タイプの情報

年金保険にはどんな種類があるの?
年金保険には、大きく分けて、公的年金保険と、
会社や団体などが任意で加入する私的年金保険、個人が任意で加入する個人年金保険があります。

国民年金保険と個人年金保険の違いとは?
国民年金保険は、公的年金です、
国民年金保険は、日本の政府が国の社会保障制度として、運営しています。

厚生年金保険と個人年金保険の違いとは?
厚生年金保険と個人年金保険の大きな違いは、
厚生年金保険が国民年金保険同様に公的年金であり、
個人年金保険は、個人が任意で加入する年金保険であるという点です。

個人年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増えています。

変額年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増え、
1999年には初めて、変額個人年金保険も発売されました。

年金保険と老後の関係を知ろう
高齢化社会と少子化が進んでいる現在、自分が老後に受け取ることができる
公的年金に不安を感じている人も大変多くなっています。

年金保険と資金運用の関係をしろう
公的年金への不安もあり、
現在ある資金や資産を運用して老後に備えようと考える人も少なくありません。

年金保険と税金の関係、年金保険には税金がかかるの?
年金保険に加入した場合、税金はどうなるのでしょうか?
せっかく年金保険を受け取っても税金がかかってしまうのでしょうか?

終身年金保険とはどのようなもの?
保険会社によって、さまざまなタイプの終身年金保険プランがあります、
終身年金保険とは具体的にどのようなものなのでしょうか?


年金保険比較

数ある年金保険、一体一番お得なのはなんだろう??プランと詳細を比較してみました。

関連エントリー

さまざまな年金保険を比較するには?