Top >  年金保険と老後 >  年金保険と老後の関係を知ろう

年金保険と老後の関係を知ろう

高齢化社会と少子化が進んでいる現在、自分が老後に受け取ることができる
公的年金に不安を感じている人も大変多くなっています。

特に最近では、急激な物価上昇や高齢者の医療費負担の問題もあり、
より老後の生活に不安を感じる機会も多くなっているのではないでしょうか。

老後に受け取ることのできる年金保険の金額は、老後の生活を大きく左右します、
公的年金により支給される年金だけで、
ゆとりのある老後を過ごすことは、残念ながら不可能といえるかもしれません。

安定した老後を送るために、個人で年金保険に加入し、
公的年金と個人年金保険の両方から支給される年金を受け取る人が増えています。

個人年金保険はいろいろなタイプがあり、
たとえば、終身年金のように、一生涯、年金を受け取ることができるという、
保障の大きな個人年金保険もあります。

また、個人年金保険の契約時に、一定期間を定め、
その期間内に年金を受け取ることができる確定年金という個人年金保険もあります。

そして、変額個人年金保険のように、預け入れる保険料が運用され、
その結果が反映されるため、受け取る年金の金額が多くなる可能性もある
個人年金保険もあります。

そのほか、夫婦のうち、どちらかが生存中には一生涯年金が受け取れる夫婦年金など、
各保険会社からさまざまなタイプの個人年金保険が発売されています。

ここで挙げた一例をはじめ、個人年金保険にはたくさん種類があります、
そして、これらの個人年金保険は、安定した、豊かな老後を送るためには、
必要不可欠であるといっても過言ではないといえるかもしれません。




その他年金,保険,老後,タイプ,生涯年金の情報

年金保険にはどんな種類があるの?
年金保険には、大きく分けて、公的年金保険と、
会社や団体などが任意で加入する私的年金保険、個人が任意で加入する個人年金保険があります。

国民年金保険と個人年金保険の違いとは?
国民年金保険は、公的年金です、
国民年金保険は、日本の政府が国の社会保障制度として、運営しています。

厚生年金保険と個人年金保険の違いとは?
厚生年金保険と個人年金保険の大きな違いは、
厚生年金保険が国民年金保険同様に公的年金であり、
個人年金保険は、個人が任意で加入する年金保険であるという点です。

個人年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増えています。

変額年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増え、
1999年には初めて、変額個人年金保険も発売されました。

さまざまな年金保険を比較するには?
公的年金は受け取る年金額を自分でコントロールすることはできません、
そのため、将来受け取ることができる年金額がわからず、
老後の生活設計が立てにくいという不安があります。

年金保険と資金運用の関係をしろう
公的年金への不安もあり、
現在ある資金や資産を運用して老後に備えようと考える人も少なくありません。

年金保険と税金の関係、年金保険には税金がかかるの?
年金保険に加入した場合、税金はどうなるのでしょうか?
せっかく年金保険を受け取っても税金がかかってしまうのでしょうか?

終身年金保険とはどのようなもの?
保険会社によって、さまざまなタイプの終身年金保険プランがあります、
終身年金保険とは具体的にどのようなものなのでしょうか?


年金保険と老後

年金保険で老後を乗り切る為に。一番良いプランを考えてみよう!

関連エントリー

年金保険と老後の関係を知ろう