Top >  資金運用を考える >  年金保険と資金運用の関係をしろう

年金保険と資金運用の関係をしろう

公的年金への不安もあり、
現在ある資金や資産を運用して老後に備えようと考える人も少なくありません。


資金や資産の運用がうまくいけば、
当然金銭的に豊かになりますから安定した生活を送ることができるようになります。

そういった資金や資産の運用先として、年金保険が注目されています、
個人年金保険にはさまざまな種類があります、その中には、変額個人年金保険のように、
被保険者が支払った保険料を保険会社が株や債券をはじめとする投資で運用します、
この運用の結果がよれば、
支払われる年金は多くなるというメリットのある個人年金保険もあります。

逆に運用の結果がよくなければ、支払われる年金は、
支払った保険料よりも少なくなることもあるというリスクもあります。

こういった変額個人年金保険の場合には、投資先を被保険者が選択できることが多いため、
全面的に保険会社任せで運用するのではなく、
自ら運用しているのに近いイメージで運用することになります。

変額個人年金保険で資金を運用し、
将来受け取る年金を増やしたいと考えている人も増えています。

大切な資金を運用する変額個人年金保険は、
国内外の保険会社などから、数多くのプランが紹介されています。

また、個人年金保険による資金の運用としては、外貨建ての個人年金保険などもあります。
円建てに比べて、利回りが高いこともあり、注目を集めている個人年金保険のひとつです。

保険料の支払いの際には円建てで、年金を受け取る際には外貨建てとなるため、
年金を受け取る時点での外為レートによっては、
支払った保険料よりも受け取る年金が大きく上回る可能性もあります。

大切な資金や資産を運用するわけですから、その運用先を個人年金保険とする場合は、
くれぶれも慎重に選ぶ必要があります。

特に変額個人年金保険は、運用しだいで増えることも減ることもあるという、
メリットとデメリットについて考える必要があることを忘れないようにしましょう。

秋分の日とは

祖先を敬い亡くなった人をしのぶ日として、国民の祝日に制定されたのが「秋分の日」です。
春分の日と同様昼と夜の長さが同じになるのが毎年9月23日頃のようです。




その他年金,保険,資金,外貨,公的年金の情報

年金保険にはどんな種類があるの?
年金保険には、大きく分けて、公的年金保険と、
会社や団体などが任意で加入する私的年金保険、個人が任意で加入する個人年金保険があります。

国民年金保険と個人年金保険の違いとは?
国民年金保険は、公的年金です、
国民年金保険は、日本の政府が国の社会保障制度として、運営しています。

厚生年金保険と個人年金保険の違いとは?
厚生年金保険と個人年金保険の大きな違いは、
厚生年金保険が国民年金保険同様に公的年金であり、
個人年金保険は、個人が任意で加入する年金保険であるという点です。

個人年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増えています。

変額年金保険のメリットとデメリットについて
公的年金の支給に対する不安や高齢化で、
安定した老後を送るために個人年金保険に加入する人が増え、
1999年には初めて、変額個人年金保険も発売されました。

さまざまな年金保険を比較するには?
公的年金は受け取る年金額を自分でコントロールすることはできません、
そのため、将来受け取ることができる年金額がわからず、
老後の生活設計が立てにくいという不安があります。

年金保険と老後の関係を知ろう
高齢化社会と少子化が進んでいる現在、自分が老後に受け取ることができる
公的年金に不安を感じている人も大変多くなっています。

年金保険と税金の関係、年金保険には税金がかかるの?
年金保険に加入した場合、税金はどうなるのでしょうか?
せっかく年金保険を受け取っても税金がかかってしまうのでしょうか?

終身年金保険とはどのようなもの?
保険会社によって、さまざまなタイプの終身年金保険プランがあります、
終身年金保険とは具体的にどのようなものなのでしょうか?


資金運用を考える

年金保険、資金はどこから捻出する??将来の安心を購入するために資金を準備しよう!

関連エントリー

年金保険と資金運用の関係をしろう